看護師の可能性

看護師の資格には、正看護師と呼ばれる「看護師」、「准看護師」、「専門看護師」、「認定看護師」があります。
一般的には看護師や准看護師がほとんどですが、医師不足の現状を打開する対策の一環として、高度な専門技術のある専門看護師や認定看護師の資格制度が設けられています。

特に、専門分野で活躍が期待されている専門看護師のニーズが高まっています。
複雑で解決困難な看護問題を持つ患者に対し、水準の高い看護ケアを効率よく提供することができ、がんや小児、地域の看護などに専門分野が分類されています。
大学院修士課程の終了後、医師のサポートにあたることができ、全国的に認定者は徐々に増えていますが、医師会の反発もあり、なかなか浸透していません。

資格取得のためには、看護系大学の大学院修士課程において、専門の教育課程を修了し、実地経験年数も考慮された上で、日本看護協会が専門看護師の認定を行っています。
5年ごとに更新の手続きを行う必要があります。

認定看護師は、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的とした資格になります。
実務経験を5年以上、約半年の教育課程を受けた後、認定審査に合格することが条件となっています。
こうした日本看護協会が認定する専門看護師や認定看護師は、共に全国的に一握りしかいないという状況ですが、今後医師不足が懸念されている中、地方では特に期待されている資格なのです。